ダンス保育園

ワークショップ&パフォーマンス

2019/3/23

2019年3月23日(土)
ダンス保育園!!
KYOTO STEAM公式プログラム ワークショップ&パフォーマンス

子どもを育てながらアクティブに活動を続けるアーティストと、子育て中も芸術鑑賞をあきらめないオーディエンスを応援するプロジェクト「ダンス保育園!!」。
子育て世代のダンサーやアーティストが、ロームシアター京都を舞台に、パフォーマンスとワークショップを繰り広げます。ミュージシャンのライブ演奏をバックに、子どもたちが身体表現に親しむプログラムの様子は、どなたでも自由にご観覧いただけます。講師をつとめるのは京都を拠点に活動するアーティストたち。ダンサー・振付家の康本雅子、同じく東野祥子(ANTIBODIES collective)、そして作家のいしいしんじがワークショップを指導します。
ダンス保育園!!は、現代の社会が求める新しい子育てと働き方のプラットホームとして、各地の公共施設やフェスティバルで活動を続けています。

日時:2019年3月23日(土)
   930 開場・受付開始
   10:00~11:00 A いしいしんじクラス(2歳以上)
   13:00~14:00 B 康本雅子クラス(小学生以上)
   15:00~16:00 C 東野祥子(ANTIBODIES collective)クラス(2歳以上)

会場:ロームシアター京都 2F共通ロビー
参加費:無料(要予約 各クラス定員25名)
申込・問合せ:dance.hoikuen@gmail.com
★お名前、年齢、ご連絡先を明記しメールにてお申し込みください。
★保護者の方の付添いが必要です。

企画:ダンス保育園 ! ! 実行委員会
   住吉智恵(アートプロデューサー)
空間構成:永山祐子(建築家・デザイナー)、永山祐子建築設計
制作:TRAUMARIS、合同会社キノコノキ
助成:公益財団法人セゾン文化財団(2017-2019年度)、アーツカウンシル東京(2017年度)

KYOTOSTEAM 
https://kyoto-steam.com/
アーティスト・プロフィール

いしいしんじ(作家)

1966年大阪生まれ。京都大学文学部仏文学科卒。1996年、短篇集『とーきょーいしいあるき』刊行(のち『東京夜話』に改題して文庫化)。2000年、初の長篇『ぶらんこ乗り』刊行。2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、2012年『ある一日』で織田作之助賞、2016年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。その他の小説に『トリツカレ男』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』『みずうみ』『四とそれ以上の国』『よはひ』『海と山のピアノ』、エッセイに『京都ごはん日記』『且坐喫茶』『毎日が一日だ』など。京都在住。
http://www.mao55.net/gohan/

康本雅子(ダンサー・振付家)

これまでダンス界のみならず演劇、音楽、映像など多岐に渡るジャンルにおいて活動する。2012年以降、移住と育児のため一旦活動休止したのち、17年より活動再開し、同年には「母と子」を題材に自身の生活を赤裸々に綴った作品『子ら子ら』を発表。また音楽家のASA-CHANGと共に、小学生と作った『タイコロンダ』、鳥取八頭高校生と作った『黄ミドリと裏ミドリの乱』も発表。今年は小学生に向けた性教育ワークショップも企画中。
http://yasumotomasako.net/

写真クレジット:松本成弘


東野祥子

ANTIBODIES Collective 振付家・ダンサー。10歳からダンスをはじめる。類稀なる身体性を駆使し、先鋭的な舞台作品を多く発表。国内外の劇場やフェスティバルでの公演は55都市を超える。2000~2014年「Dance Company BABY-Q」を主宰。2015年、京都に拠点を移し、音楽家カジワラトシオと、音楽・ダンス・映像・美術・照明・特殊装置などのスペシャリスト集団ANTIBODIES Collectiveを結成。劇場や美術館、野外、廃墟、地下水路など、多様な形態で公演やインスタレーション、ワークショップを実施。ダンサー育成のワークショップや学校へのアウトリーチなど、地域の活性化に根ざした活動にも定評がある。ソロワークとしてもミュージシャンや映像作家などとコラボレーションを展開。トヨタコレオグラフィーアワード、横浜ダンスコレクションソロ・デュオ〈Competition〉など受賞暦多数。2016年よりセゾン文化財団シニアフェロー・アーティスト。全日本ダンストラック協会会長。
https://antibo.org/
予 約

NEWS

ボランティアスタッフ募集中!!

子どもを育てながら活動を続けるアーティストと、子育て中も芸術鑑賞をあきらめないオーディエンスを応援するプロジェクト「ダンス保育園 ! !」では、ボランティアスタッフを募集しています。 詳しくは、dance.hoikuen☆gmail.com までお問い合わせください。(☆を@にご変更ください)

2018/1/26 (Fri)

ABOUT

ダンス保育園!! とは

ダンス保育園

子どもを育てながら仕事をする世代にとって、いま「保育」はますます切実な問題になっています。アーティストにとっても同様で、創作と育児の両立という問題に直面しながらも、活動を長期間中断することなく、何とかバランスをとろうと頑張る人たちが増えてきました。

日頃から、ダンスなどのスタジオと保育のスペースは実は親和性が高く、安全でクリエイティブな環境なのではないかと感じていました。朝から夜までそこに出入りするのは、並はずれて身体感覚が鋭敏で、安全性に対して意識が高く、身体表現の喜びを知っているダンサーたちです。ハイハイする赤ちゃんと同じ、フロアに近い目線で、お互いの身体の声に耳を澄まし、見守っている人たちなのです。そこには小さな子どもが育つ環境として豊かな可能性があると考えます。また多様なワークショップの企画運営を通して、ダンサーやアーティストたちが子どもたちと触れ合う経験から多くを学んでいることを実感してきました。

そこで、2016年「ダンス保育園!!実行委員会」を発足し、芸術祭やフェスティバルと連携して、子育て中のアーティストや観客を支援する「ダンス保育園!!」という活動を行っています。本企画では、ダンサーやアーティストたちがダンスのほかライブパフォーマンスを演じるステージと、ワークショップを行うフィールド、一時託児スペースが、緩やかにスペースを共有します。

2016年度アーツカウンシル東京の助成事業に、2017年度公益財団法人セゾン文化財団の助成事業に採択され、その支援のもとに、さまざまな地域の自治体や団体のイベント、フェスティバルや芸術祭、ホールや美術館などを巡回しながら、実施を重ねてまいりました。

「ダンス保育園!!」は、これからの時代に求められる新しい働き方や子育てを提案します。そしてイベントからインフラへと視野を拡げ、新しい業態の複合型施設や公共施設に正式プログラムとして常設されることを将来的な目標としています。

ダンス保育園!!実行委員会
アートプロデューサー 住吉智恵
詳細はこちら